ZENKAIRACING.COM

RESULT

インタープロトeシリーズ第9戦リザルト-IPeS Rd.9 Result

IPeS Round 9 – Fuji Speedway Result

ランキングトップで迎えたインタープロト eシリーズ 最終戦 シリーズチャンピオンは誰の手に? 

全9戦で争われるIPeS 2020シーズンもいよいよ最終戦。

チームからは偉織選手、兒島選手の2名が出場しました。ポイントランキングTOPで迎えた偉織選手は2位とは僅差の3ポイント差。自力でチャンピオンを獲得するためには優勝あるのみという状況。 気温11℃で今まで以上に寒いコンディションで、タイヤの管理が難しく、ストレートは伸びるが油断するとグリップを失うコンディションとなりました。各ドライバー練習から本番の環境を意識して様々な工夫を行いながら、タイムを刻々と更新。偉織選手はレース前に行った予選シミュレーションでは44秒2でラップと過去最高のタイムを叩き出し、自信を持ちながら予備予選に入りました。予備予選ではラグが少し気になる状況ではありましたが、通常通りアタックを行い総合2番!兒島選手も総合4番手と、両名が好位置につきます。

しかし、ファイナルステージでは偉織選手に懸念していたラグが発生。突然スピンしたりコーナーのアプローチが急に変わってしまったりと1周するのに精一杯の状態になってしまい予選もハーフスピンしながらの6位。兒島選手もかなりFPSが落ち込む状況となってしまい、本領を発揮する前にセッション終了となり、44秒台に入れることができず4番グリッドからのスタートになりました。

兒島選手は好スタートを決め、前の選手に並びかけ1台をパス、3位で1コーナーを立ち上がりました。偉織選手も得意のスタートを決め、6番手から4番手へジャンプアップします。しかし次のAコーナーでハプニングが起こってしまいます。偉織選手がラグにより、前を走る兒島選手へ突っ込み、兒島選手はスピン、アウト側の壁へヒット、まさかのチーム同士討ちが起こってしまいました。兒島選手は車両の前後を大きく破損してしまい、ほぼ最後尾まで落ちてしまいました。偉織選手も接触により12位までポジションダウン、その後は1台でも多く抜いてフィニッシュするため怒涛の追い上げを見せましたが、ランキング2位のドライバーに追いつくことは叶わず6位フィニッシュ(正式はペナルティにより10位)。兒島選手も壊れたマシンで可能な限り追い上げ、13番手でチェッカー(ペナルティにより16位)となりました。

ランキング2位の選手が難なく2位でフィニッシュしたことにより、偉織選手はシリーズポイントを逆転され惜しくも8ポイント差でチャンピオンを逃すこととなりました。兒島選手も終盤2戦の不運なクラッシュが響き、ランキング5位という結果になりました。

以上で全9戦の2020インタープロトeシリーズは幕を閉じました。

ZENKAIRACING eSports team 5名のドライバーの2020IPeSシリーズ結果は、

2 位 偉織選手(138P)

4 位 地頭所選手(125P)

5 位 兒島選手(114P)

8 位 前田選手(80P)

46 位 蘇武選手(2P, Rd.2スポット参戦)

となりました。

チームでのチャンピオン獲得はまさかの形で達成できず、やりきれない気持ちですが、2021年1月にはランキング2位で終えた偉織選手がIPeS特別戦に参戦し、実車IPS Kurumaのテストをかけてプロドライバーと戦います!!引き続き応援よろしくお願いします。

今シーズンを振り返ってみると取りこぼしも少なからずあったシーズンでした。来シーズンに向けて、ドライバー一同もっと速くなり、もっと強くなります。リアルレースだけでは気付かなかったメンタル面での多くの部分をesportsでは気づかせてくれました。このオフシーズン取り組むべき課題は沢山ありますがリアルレースでもesportsでも更に飛躍したシーズンを迎えられるように準備をして参りたいと思います。

チームメンバー各位、スポンサー様、参戦されたドライバー各位、今大会も応援やサポート本当にありがとうございました。更なるご支援、ご声援よろしくお願いします!これからも応援よろしくお願い申し上げます。

【レース結果】

ファイナルステージ

木村偉織選手 決勝10位(予選6位)

兒島弘訓選手 決勝16位(予選4位)

Iori and Kojima participated in the final round of the IPeS 2020 season . Iori is the top point ranking, but his lead is 3 points. There will be only a championship to win the race on its own. The temperature was 11 degrees Celsius, which was colder than ever, and it was difficult to manage the tires. From each driver’s practice, their time is updated every moment. In the qualifying simulation conducted before the race, Iori set a lap and a record, 1:44.2 and entered the preliminary qualifying with confidence. In the preliminary qualifying, even there was a lag, he attacked as usual and got second overall! Kojima was also in 4th place overall, and both of them were in good positions.

However, on the final stage, there was a lag that was a concern for Iori. Suddenly spinning and the approach of the corner suddenly changed, he was in a state of fullness to make one lap, and he was in 6th place while half-spinning in the qualifying. Kojima’s FPS also fell considerably. He couldn’t get into the 44-second range and started from the 4th grid.

Kojima made a good start, lined up with the former player, passed it, and got in 3rd place at the first corner. Iori also started well and jumped up from 6th to 4th. However, a happening occurred at the next A corner. Due to the lag, Iori rushed into Kojima running in front of him, and Kojima spun, hit the wall on the out side, and two teammates were struck by each other. Kojima was severely damaged in the front and back of the vehicle and dropped almost to the end. Iori also went down to 12th place due to contact, and after that he showed a great catch-up. He overtook as many cars as possible to finish, but he could not catch up with the driver who was 2nd in the ranking and finished 6th (formally 10th place). Kojima also caught up as much as possible with the broken machine and became in 13th place(16th due to the penalty).

Final Result of Round 9

Iori Kimura 10th-Final, 6th(qualify)

Hirokuni Kojima 16th-Final, 4th(qualify)

As the 2nd place player in the ranking finished in 2nd place, Iori unfortunately missed the champion by 8 points. Kojima was also ranked 5th due to the unlucky crash of the last two races.

We couldn’t win the championship, but in January 2021, there will be a special IPeS match for Iori, who finished second in the ranking. He will have a race against professional drivers for the sake of testing the actual IPS Kuruma!!!

The 2020 Interproto e-series of all 9 races has ended. The results of 5 drivers of ZENKAIRACING eSports team are …

2nd Iori (138P), 4th Jitosho (125P), 5th Kojima (114P), 8th Maeda (80P), 46th Sobu (2P, only participated in Rd.2)

Thank you to all the team members, sponsors, drivers who participated in the race, and the support and support for this tournament as well.

●ZENKAIRACING e-Sports Teamスポンサーご紹介

株式会社フルスロットル(ZENAKIRACING.COM/SIM開発)https://www.fullthrottle.co.jp/

ライソン株式会社(レース用サーバ管理)https://wrigson.com/


ZENAKIRACING.COM web https://bit.ly/2LVFSgU

ZENKAIRACING e-Sports Team Information https://bit.ly/2zufZlL

YouTube Live

一覧へ戻る

CONTACT      

ZENKAIRACING eSports Teamに関するお問い合わせ、取材申込み、アライアンスなどは
こちらからお問い合わせください。メールフォームが立ち上がります

MAIN SPONSER

SUPPORT PERTNER