ZENKAIRACING.COM

NEWS

ZENKAIRACING eSports team 2021シーズン活動予定

ZENKAIRACING eSports teamの2021年活動予定です。

昨年までの国内インタープロトeシリーズ(IPeS)に加えて、今年は国際大会への積極的な参戦を行います。

各ドライバーのスキルアップはもちろん、今年はZENKAI eSports team結成後初となるチーム戦にも挑戦し、iRacing12, 24時間耐久に4名のドライバーで参戦予定です。さらにドリフトへの進出も予定しており、レース以外にもオールジャンルに活躍をして参ります。

今年は世界ZENKAIをキーワードに、世界にZENKAIRACINGの名を轟かすべくチーム員一同頑張って参ります。

皆様ますますの応援、よろしくお願い致します。

ー 2021年活動予定 ー

SRO GT World Challenge ASIA

Official Partners

参戦予定車両:マクラーレン 
ドライバー:木村・兒島・地頭所・冨林

使用ソフト:Assetto Corsa Competizione

「GTワールドチャレンジ ヨーロッパ」のプロモーターであるSROモータースポーツが考案した新しいバーチャルレースプログラムです。

レースは3クラスに分かれて行われ、5戦+グランドファイナルの全6戦の戦いです。プロeSportsチーム・プロドライバーも数多く参戦していることから全世界での注目度が高く、またルマン参戦の為にはFIAからの推薦が必要であり、このような大きなイベントで結果を残すことはかなり重要となります。

INTER PROTO E SERIES

参戦予定車両:Kuruma 参加台数:60台前後
ドライバー:地頭所・兒島・川戸・冨林

使用ソフト: Assetto Corsa(DMM版)

世界三大レースのひとつであるルマン24時間レースで日本人初の総合優勝を成し遂げたレジェンドドライバーの関谷正徳氏がプロデュースしたIPSのe-Series版。
「同じ車で同条件下で勝負したら誰が一番速いのか」を決めるレース。
全国のSIMレーサーのNo.1を決定し、最終的にはIPSのリアルレーサーと実車体験走行権&賞金をかけて対決します。国内のesportsシリーズでは一番盛り上がりを見せるものとなっており、リアルレース関係者の注目度も高くなっております。
特別戦の獲得賞金は10万円+IPS Kuruma実車走行権とリアルレースに直結しているのがこの大会の特徴です。
昨年ZENKAIRACINGが初めてeSportsに参入し最も力を入れてきたのもこのカテゴリです。今年こそ特別戦で実車走行権を獲得し、リアルとバーチャルの架け橋をZENKAIRACINGが担って参ります。

JAPAN SIM DRIFT CHAMPIONSHIP

参戦予定車両:TBN
ドライバー:川戸

国内最高峰かつ唯一のドリフトシュミレーターバトルで、プロのD1ドライバーも参戦しています。ゼンカイレーシングのドリフトSIM開発にも相乗効果が期待できるため力を入れたい大会です。

ZENKAIRACINGはJAPAN SIM DRIFT CHAMPIONSHIPの大会スポンサーをしております。

eSUPERRACE

参戦予定車両:supra GT 
ドライバー:地頭所

使用ソフト:Assetto Corsa

韓国のeSportsシリーズ、昨年は地頭所光選手がスポット参戦しました。レース自体はクラッシュがそこら中で起こるサバイバルレースとなっていますが、昨年は地頭所選手がVRで参戦している様子がライブで映ったところ反響が大きく、VRヒカルとしてキャラクターが定着しました。

ZENKAIRACINGのアジアマーケット拡大のためにも、また1レース10万円の賞金獲得のためにも参戦をしたいシリーズです。

以下は使用ソフトiRacing内のレースシリーズです。

BMW SIM GT CUP

BMW SIM GTカップは、BMW SIM120カップの後継モデル。
2021年には2つのシーズンに分けられ、合計10のレースが行われます。
シーズン1は5つのラウンド、BMW M8GTEでの参戦。 シーズン2では未定ですがBMW M4GT3 プロトタイプになります。 2020年と同様に、レースの長さは120分、ドライバーの交代が義務付けられています。BMW M8 GTEのシーズン1はすでに開幕しておりますが、我々の参戦可能性は残っております。
シリーズ上位 3チームに用意される賞金総額は4,200ドル。本格的なeSportsプロドライバーを育成するにあたり賞金レースに出るのは大きな意味合いがあります。

iRacing Special Events

参戦予定車両:BMW  
ドライバー:木村・兒島・地頭所・冨林

約一か月に一回行われ、毎レースの参加チーム数は4000を超える全世界が注目するビックイベントです。出場を目指しているPESC(後述)出場の為にも、ここで結果を残すことがかなり重要なキーポイントとなります。

賞金はなく誰もが気軽に参加という形で運営されておりますが、iRacing公式を初めとする何十ものチャンネルでライブが行われており、露出度はかなり高いイベントです。直近のレースは2/27のバサーストGT3 12時間レース、ZENKAIRACING eSports teamにとって初のチーム戦となる予定です。

PORSCHE TAG HEUER ESPORTS SUPERCUP BY IRACING

参加資格はiRacing PROライセンス以上。タイムアタック予選を通過出来た選りすぐりのプロ40名のみが参戦出来る、eSportsの中でももっとも激戦区と言われているカテゴリーです。

1レースごとの賞金 1位 1000ドル・2位 400ドル・3位 200ドル

各ドライバーはカメラを繋ぎ常にインタビューや様子が見れる体制で露出も圧倒的なものであります。2020シーズンも2021シーズンも日本人で参加は未だおらず…

ZENKAIRACINGから初の日本人ドライバー輩出を目指します。

以上がZENKAIRACING eSports teamが2021年参入予定のeSports大会となります。この他にも各ドライバーがiRacingのウィークリーレースやAssetto Corsaの各サーバレースに参戦しております。

毎月のレースレポートでも随時発信して参りますので、皆様応援の程よろしくお願い致します。

一覧へ戻る

CONTACT      

ZENKAIRACING eSports Teamに関するお問い合わせ、取材申込み、アライアンスなどは
こちらからお問い合わせください。メールフォームが立ち上がります

MAIN SPONSER

SUPPORT PERTNER