ZENKAIRACING.COM

NEWS

ZENKAIRACING eSports team 1,2月大会報告と3月活動予定

ー 偉織選手_ZENKAI71 ー

ー IPeS 特別戦 ー

インタープロトeシリーズの特別戦が2021年1月29日に富士スピードウェイで開催された。ZENAIRACING e-Sports Teamから、2020IPeSでシリーズ2位となった偉織選手が参戦した。好スタートを決め見せ場を作るも、惜しくも結果は4位となった。

ー iRacing Weekly Race ー

1,2月はiRacingのUSF2000, Ferrari488GT3Challenge, BMW120Challengeを追いかけた。

「クラッシュなどが多くiRatingを上げられなかったが走りは確実によかった。」

「久々に実車を乗ったときブランクがあったにもかかわらず、かなり調子が良くシムの成果を感じた。」などと、目に見える結果は出なかったものの確実に走りの質が向上しているという実感を得ているようである。

3月はリアルドライバーとしての準備も増えてくるが、BMW iRacing SIM GT CUPにZENKAI e-Sports Teamチームで出場する機会を取りたい。

ー 兒島選手_ZENKAI75 ー

「仕事の方が忙しく、中々週末にまとまった時間が取れず、メインとなるAssetto CorsaやiRacingでの活動はできなかった。」

本業のエンジニアの方でS-GTのテストに追われ、中々シムレースの活動時間を取ることができなかったが、JeGTには参戦することができた。

ー JeGT Rd.3 ー

兒島選手はJeGT GRAND PRIX(https://www.jegt.jp/)に参戦。TEAM BATTLE 決勝進出、総合10位という結果を残した。

JeGT GRAND PRIX OFFICIAL YOUTUBE

「WEB CARTOPさんとのジョイントで出場させていただいているGTSPORTのJeGTのRd.3に参戦した。予選はNSXには厳しいマウントパノラマ。目標は5位フィニッシュ。さらにIPeSでは昨年圧倒的な速さをみせていた岡本大地選手が出場していたので、【岡本大地選手には勝つ】と設定した。結果は岡本大地選手には勝ったものの、7位と、目標には及ばない結果となった。」

敗因は予選での細かいミスによるスタート順位の低迷、中盤で大きなミスをし、前との差が開き、スリップストリーム圏外になってしまったことだという。

幸いにもチームメイトの頑張りもあり、敗者復活戦の結果、決勝へ進出することができた。

決勝では再び兒島選手がドライブ。

宿敵の岡本大地選手も決勝へ進出、今年度よりZENKAI e-Sports Teamのチームメイトとなる冨林選手も進出した。

兒島選手は決勝での予選タイムトライアルでは12台中5位を獲得し、岡本選手、冨林選手の前に出たが、四輪脱輪の判定を受け10位へ降格した。

決勝のタイヤはソフトとミディアムの2スペック制となる。

ミディアムスタートを選択し、冨林選手と同じ作戦となった。アンダーカットを嫌って、20周のうち7周目にはピットイン。予定より5周早いピットワークとなったが、これが結果あまり良くない選択となったという。タイムは悪くないものの、順位を上げることができず10位チェッカーに終わった。

3月の予定を伺うと「隔週でレース出張のため、出場レース未定です。。」とハイパー忙しそうな兒島選手であるが、Rd.4とRd.Finalを残すJeGTでの活躍をご期待ください。

ー 地頭所選手_ZENKAI79 ー

ー 脇阪寿一と目指すルマン24h ー

2月10日はASSOルマン(以下参照)Rd.2モンツアLMP2クラスに参戦、SACCESS eSportsの白川選手とタッグを組み、初のチーム戦に出場した。

オウルテック & ライフエッグ presents 脇阪寿一と目指すルマン24h(通称ASSOルマン)

結果 P5→P5 (LMP2 6台中)

「決勝の2,4スティント目を担当したが、上4台には全く及ばず… そしてオペレーションのミスがありピット回数を増やしてしまった。」

iRacingでのチーム戦は地頭所選手、さらにZENKAI e-Sports Teamにとっても初めての試みであった。そのため、オペレーションでのミスが散見された。

「ピットインの際の給油量を走行中に変更することができなかったため、スティントを短くせざるを得なかった。これを行うにはブラックボックスの各数値を走行中に操作できるように、コマンドをステアリングボタンに割り当てる必要があった。さらにピットインの際のピットイン場所も戸惑い若干のロスをした。」

「 次は完璧にこなせると思うので、次戦以降も出てみたい。」

白川選手の足を引っ張ってしまい申し訳なかったが、ノウハウを多く吸収できた有意義な大会だったのは間違いない。色々教えて下さったSACCESS eSports白川選手、本当にありがとうございました。

 ー iRacing Weekly Race ー

1,2月はiRacingのライセンスランク上げを狙い、class DのFerrari488GT3 Challenge, USF2000, Audi RS3 CUPに出場した。



488GT3ではWATKINS GLENやSUMMIT POINTでそれぞれ2回優勝。USF2000は最高位3位、 RS3は最高位5位。

箱車のレースのチョイスとして488GT3は台数が多く予選を失敗するとどうしても決勝のインシデントが増えてしまい、ライセンス上げに不利に働いた。USF2000ではなかなかリアのグリップが足りないと感じ苦戦した。RS3はFF車両、アンダーを消す走りがまだできておらずフロントを使い切ってしまいペースを一定に保つことができなかった。成績的にはよくiRatingは2000近くまで上げられたが2月に入ってから1800まで下がった。

3月は引き続きincident 0のレースを続けて早くライセンスをCに上げ、より様々なレースに出られるようにしたい。

次回は3月活動報告と4月活動予定をお届けします。皆様、引き続きZENKAI RACING e-Sports Teamの応援をよろしくお願いします。

一覧へ戻る

CONTACT      

ZENKAIRACING eSports Teamに関するお問い合わせ、取材申込み、アライアンスなどは
こちらからお問い合わせください。メールフォームが立ち上がります

MAIN SPONSER

SUPPORT PERTNER