ZENKAIRACING.COM

NEWS

2021年新メンバー紹介Vol.2 – 冨林選手_ZENKAI77

2021年から加わった新メンバーの紹介、第2段は冨林選手だ。

言わずと知れたグランツーリスモ世界チャンピオンからリアルレーサーとなった冨林勇佑選手。2021年からZENKAIRACING eSports Teamに加入することとなった。

冨林 勇佑(とみばやし ゆうすけ) 選手

これまでのレース戦績

  • 2016 FIA GTC マニュファクチャラーカップ 優勝
  • 2019 ROOTS JAPAN CUP FINAL 優勝
  • 2020〜2021 JeGT GRAND PRIX TEAM戦 FINAL 進出
  • 2019 ロードスターパーティレースⅢ 東日本シリーズチャンピオン
  • 2019 ロードスターパーティレースⅢ 日本一決定戦 優勝
  • 2020 TGR 86/brz レース クラブマンエキスパートクラス ランキング3位
  • ピレリスーパー耐久 ST3クラス シリーズチャンピオン
  • 2021 TGR 86/BRZレース プロクラス参戦
  • スーパー耐久powered by Hankook ST3クラス参戦

ー eスポーツ(レース)を始めたきっかけは?

「両親がどちらもレースに縁深く、レースも車も好きな環境で育ち、週末には両親とレースを見に行くのを楽しみに過ごす小学生時代だった。」

5歳でグランツーリスモと出会った冨林選手。そこから、様々な大会で結果を残し2016年にグランツーリスモ世界チャンピオンに輝いた。

そして2020年スーパー耐久シリーズチャンピオンとリアルレースでも輝かしい成績を収めており、目標であるスーパーGTシリーズチャンピオンに向けて更なる飛躍を目指している。

さらに詳しい生い立ちについては冨林選手のHPにたっぷりと掲載されております。是非ご覧ください。

(冨林勇佑オフィシャルサイト)

ー ZENKAIRACING eSports teamでどんなことをしたいか?

「インタープロトeシリーズはじめ、色々なレースに出たいです。」

冨林選手といえばグランツーリスモのイメージが強いが、assetto corsaやrFactorなどより本格志向のSIMソフトでももちろん走り込んでいる。

まだまだインタープロト kurumaでの走行経験は少ないが、難しい挙動にも適応力し、強豪ぞろいのIPeSプロクラスでもすぐに結果を残してくれるだろう。

ZENKAIのシミュレータを乗った感想は?

「今までに乗ったシミュレーターより実車に近い感覚だった。特にシートベルトをつけて乗った時は驚いた。」

これはZENKAIRACING林代表が編み出した4点シートベルトとハンスをつけてシミュレータに乗り込む方式であるが、ブレーキングでの縦Gがものすごくリアルに感じたということだ。様々なSIMでの走行経験がある冨林選手だが、それでも一番実車に近い感覚を得られたということでZENKAI SIMの完成度の高さを裏付ける感想を貰った。

今年のZENKAIRACING eSports teamからの参戦レース

「インタープロトやその他SIMレースに、日程次第でできるだけ多くのレースに参戦したい。」

86/BRZレースやスーパー耐久に参戦しているリアルレーサーであるため、時間の制約があるが、ZENKAIRACINGから各種eSportsに可能な限り参戦する予定だ。特に今年のIPeSプロクラスはリアルレースとのバッティングを避けるため平日に行われる。全戦参加し、シリーズチャンピオンを獲得してもらいたい。

*IPeSプロクラス詳細は以下

https://xyz-one.jp/news/archives/2444

一覧へ戻る

CONTACT      

ZENKAIRACING eSports Teamに関するお問い合わせ、取材申込み、アライアンスなどは
こちらからお問い合わせください。メールフォームが立ち上がります

MAIN SPONSER

SUPPORT PERTNER